自分の健康は自分で守るためには

自分の健康は自分で守るためには

自分の健康は自分で守るためには

自分の健康を自分で守るためには、自らが肥満や生活習慣病を予防するよう意識していかなくてはなりません。

 

普段から適度な運動を心がけ、バランスのとれた食事をしっかり摂っていくことです。

 

また、不足しがちな栄養素については、サプリメントなどで適宜補充していく必要があります。

 

自分の健康を自分で守るためには、会社で毎年行われる健康診断にも留意する必要があります。

 

受けっぱなしにしてはダメで、自分の健診結果をじっくり眺めることが大事です。

 

今までの検診の結果とよく比較し、どこがどう変わったのか、どうして変わったのかをよく考える必要があります。

 

検診結果を参考にして、自分の生活習慣を変えるよう取り組む努力が大切です。

 

健診結果の読み方や生活習慣改善の取り組み方などがわからない人は、社内の産業医や産業看護職などのスタッフに相談すると良いでしょう。

 

自分の健康を自分で守るには、何より、自分の健康は自分で守るという意識を強くもつことが重要です。

 

そのためには、自分の体についてよく知ることが大事で、自分にあったライフスタイルを考えていく必要があります。

 

病気を予防するために、しっかり生活習慣を改善していきましょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ